パチンコの楽しみ

パチンコの楽しみ

パチンコの楽しみ

パチンコは学生時代に覚えました。もうかれこれ50年近くやっています。
私がやりだしたときは、まだ経ってやっていました。
単純な遊びでしたね。
真ん中に入ると、たまが数個出てきました。
打った球と出てくる球との差で球が溜まっていくという仕組みでした。
風車を考案した人がいました。
この風車によって、球が右に行ったり、左に行ったりで複雑になり、より面白くなりました。
これを考案した人はパチンコの普及のために特許をとらなかったのです。
このおかげでパチンコは普及していきました。

 

最初は真ん中に持ってくるという技術がありました。
プロは最初は無駄球を打って、真ん中の釘を平行にするのだそうです。
そうすると、球が入りやすくなるのです。
プロは左手を寿司を握るようにして、そこに球を数個いれて、親指ではじく・・・盤面に5?6個の球が、
いつもまわっていました。まさに芸術でした。
この頃は釘士との戦いでした。

 

その後坐ってやるようになり、球も電動で出てくるようになり、素人でも遊べるようになりました。
このころから、パチンコも大衆の娯楽になって行きました。

 

その後液晶が発明されて「777」の出現です。
これがすごいもので。絵柄を3つそろえる様になりました。
いったん当たると、1500個?2000個出るようになりました。
当たったといって、卒倒する人も出たほどです。
このころからコンピューターとの戦いになりました。
運がよければ数箱出てきました。
この頃からギャンブル性が出てきました。
当たったときの爽快感は大変なものでした。

 

この頃ですね。パチンコ依存症と言う言葉が出ました。
主婦が借金してもやるようになりました。
パチンコに夢中になり、子供を車において、熱中症で殺してしまうことも。
一大社会現象になりましたね。
このようなやり方は感心しませんね。
ギャンブルともなると、胴元がもうかるようになっているのです。
3回やれば、2回は負けます。
適当に遊ぶことが求められます。

 

私は今は1円パチンコで楽しんでいます。
4円のものは、負ければ2万円?3万円はすぐです。
これではたまったものではありません。
その点では、1円は数千円で楽しめます。
あまり熱くならなければ、まあ遊べるゲームだと思います。